ちょっと笑っちゃいました。

映画『ロッキー3』『ゴンゾ宇宙に帰る』など、俳優としても活躍している伝説的なプロレスラーが、離婚の際に妻が家から持ち去ったものを返すよう求める訴訟を起こした。
 ハルクと元妻リンダは2007年に別居をし、今年7月に離婚が成立。TMZ.comによると、リンダは二人の自宅からシャンデリア、日焼け用ベッド、家の什器備品などを含むさまざまなものを持ち去ったらしく、家を売るにしても不動産屋に恥ずかしくて見せられないほどだとハルクは言っている。
 中でも一番返してほしいとハルクが訴えているのは、ゲストハウスのトイレにあった木製のアンティーク便座。いくら離婚の多いアメリカでも財産分与で便座の取り合いになるのは珍しい。
MIXIニュース

離婚で感情的になっているのかな・・・。

メインメニュー

雑談一覧

携帯サイト