水上マーケットに行ったことがないので...。

水上マーケット」というと、運河に船を浮かべて商品を売り買いする市場の姿を思い浮かべる人がほとんどだろう。ところが、この「水上マーケット」という言葉には少々問題がある。日本語の「水上マーケット」という言葉は、タイ語の「タラート・ナム(ตลาดน้ำ)」の邦訳である。英訳は「Floating Market」となっている。ところが、タイ語の「タラート・ナム」を直訳すると「水(ナム)市場(タラート)」となる。つまり、日本語でいう「水上」の「上」という意味は入っていない。そう、タイ語でいう「タラート・ナム」とは日本語の「水上マーケット」という言葉より広い意味を持ち、船で売り買いするものだけでなく運河や川沿いに位置している市場までをも含んでしまっている。そのため、本ページで紹介している市場の多くは、「水上マーケット」という名前は付いていてもそのほとんどが船で売り買いする市場ではない。
タイの人たちの間で、人気No.1水上マーケットはここ。観光用の市場だが外国人観光客の姿はほとんどなく、建築物も昔のままの状態で保存されている。ホタル観賞ツアーも大人気で、週末は宿が取れないほど。
タイライブラリー

やっぱここか!?どこだ!?本当にどこに行こうかな~ウキウキ

メインメニュー

タイ国内旅行一覧

携帯サイト